“ファミマの中華まん”から「台湾カステラ」が登場、特長的なふわふわ食感を中華まんで再現。全国で2月13日発売

 ファミリーマートの中華まんシリーズから新商品が登場、「台湾カステラ」が2023年2月13日(火)から全国で販売が開始されました。価格は140円(税込)。

ファミマの中華まんシリーズから新商品「台湾カステラ」が登場、2月13日発売

ふわふわ&しっとり食感の台湾スイーツを中華まんで再現

 ファミマの中華まん「台湾カステラ」は、台湾北部の淡水(ダンシュイ)で誕生したスイーツ「台湾カステラ」の特長的な食感を中華まんで再現したというもの。

 「台湾カステラ」は日本のカステラに比べて厚みがあり、ふわふわとした食感が特長とされ、今回の商品では生地にたっぷりと空気を含んだメレンゲと全卵を使用することで、ふわふわとしたくちどけの良い食感を表現したとのこと。

ふわふわ&しっとり食感の台湾スイーツを中華まんで再現

 また、オーブンの天板にお湯をはり、生地の入った型を入れた状態で蒸し焼きにする「湯煎焼き」製法を取り入れ、さらに店舗のスチーマーで蒸すことで、しっとりと仕上げたそうです。

 さらに、たまごの旨みを最大限に引き出すためにたまごの配合量にもこだわり、やさしい甘味がくちいっぱいに広がるように工夫したとされています。

2023年3月に神奈川県で先行販売

 ちなみに、同商品は2023年3月に神奈川県のファミリーマート 907店舗で先行販売が実施されたことがあるそうです。

関連記事